看護師のメリットとデメリットは?

看護師のメリットとデメリットはどんなことでしょうか?
看護師として働く場合の、メリットとデメリットを分かりやすくまとめてみました。
(1)メリット
①就職に困らない。
(看護師は全国的に不足しており、常にたくさんの求人があります。)
②給料が高い。
(看護師の給料は他の職種と比較しても高めに設定されています。)
③社会貢献性の高い職業。
(人命救助にも携わり、やりがいを感じることができる職業です。)

(2)デメリット
①看護師になるまでにお金がかかる。
(看護学校や看護大学は年間で50万から80万程円程の費用がかかります。私立の看護大学だと100万円を超えるところもあります。)
②仕事がハード。
(入院施設がある病院に勤務すると夜勤があります。夜勤を続けた結果、体調を崩してしまうというケースも。)
訪問看護のお仕事


職場環境における設備の大切さ

仕事を決める際によく言われる言葉が「働き甲斐」です。
金銭に惑わされずに、自身の求める仕事を選ぶのは勿論大事なことなのですが、最近はワークライフバランスという考え方も浸透し始めてきています。
仕事のやりがいだけを求めるのではなく、仕事と生活の調和を図ることこそが大切なのではないかという考え方です。
どんなに熱意を持って取り組むことが出来る仕事でも、それだけに終わってしまい自分の私生活がおろそかになっては、なんのために働いているのか分かりません。
企業もそういった点に気付き始め、職場環境を変え始めました。
目に見えてわかるのが設備です。
空気清浄機や加湿器、血圧計などが置いてあるところも珍しくありませんし、トレーニング室を備える会社まであります。
これはひとえに職場環境を良くするため、そしてその先に有る私生活への配慮から行っている取り組みになります。
希望する企業の面接時などに職場の設備状況について質問をするのは気がひけることかもしれませんが、その会社がどれだけ従業員という「人財」を大切にしているかを測る一つの目安になるのではないでしょうか。

IT企業に転職や就職する人たち

最近ではIT企業に転職や就職する人たちのための求人情報サイトのサービス業者が増え始めているため、システムエンジニアを目指す人の就職に役立ったり、現在システムエンジニアとして企業で働いている人たちが転職によるスキルアップをしやすい時代になり始めているのです。
今の時代システムエンジニアとして成功するためには、より充実した実績がある転職サイトを探して転職エージェントとともに転職活動を行うことが大切になっていきます。
中でも企業に直接雇用される社内SEが人気です。
システムエンジニアはITに関するあらゆる能力が必要とされるため、転職によってより多くの職場を経験してスキルアップをすることが最終的に大きな成功に繋ぐことになります。